@コンピュータ基礎2,3 Aビジネスデータ分析及び演習 B統計実務対策講座 CMCAS対策講座 D数学 E統計学 F経営情報システム G*コ・*レ*ジ寄附講座 H専門ゼミ IBLOG作成教室JPowerPoint入門 K就活支援・社会人基礎力Lコンピュータ活用法副読本MNPO大学活動報告

2014年12月24日

「一緒に仕事がしたい」と思わせるコツ

 面接対策

面接で、緊張してしまうのは無理からぬことだが、自分を出せないまま落とされるのは不本意。面接の極意を押さえておこう。

【ポイント1】 「挨拶」「普通の会話」「周囲への配慮」を忘れない


面接対策としては、「服装・お辞儀・挨拶」が3大ポイント。清潔感のある服装で、きびきびとした動作を心がけ、明るい声で挨拶しよう
面接にはいくつか形式があるが、主なものは「個人面接」「集団面接」「グループディスカッション(GD)」がある。 「面接官が見ているのは、『仕事ができそうかどうか』だけでなく、『一緒に働きたい人かどうか』。大前提として、挨拶ができること、普通の会話ができること、集団面接やGDなどでは周囲への配慮ができることが大事」

難しく考えすぎる必要はないが、ベーシックなマナーは守れるようにしておきたい。特に「服装・お辞儀・挨拶」が3大チェックポイント。清潔感のある服装で、きびきびとした動作を心がけ、明るい声で挨拶するのが基本なのだ。

【ポイント2】 相手が何を聞きたいかをよく考えて話す

個人面接や集団面接でよく聞かれるのは、ESと同様に「自己PR」「学生時代に打ち込んだこと」「志望動機」「入社後にやってみたいこと」などだ。

文字数に制限があるESとは異なり、面接ではより詳しく具体的なエピソードの詳細や、その時に感じたことなどを会話の中で尋ねられることになる。特に「学生時代に打ち込んだこと」は詳しく聞かれることが多いので、自己分析を通してしっかり振り返り、面接の際に伝えたいポイントを整理しておこう。 「面接官はESでしか学生の情報を持っていないので、質問はそこからしか出てこない。面接前には必ずESを見直しておくこと。また、ESに書いたエピソードのディテールのうち、何を話したら相手が楽しめるかもよく考えて。『言いたいこと』ではなく『相手が聞きたいこと』を、『やりたいこと』より、『会社にとってどう自分が役立つか』が伝わることが重要」(福沢さん)

また、面接では挫折経験や困難に直面した経験もよく聞かれる。自分のネガティブな面を尋ねられることに戸惑ったり、話すことに抵抗を感じる人も少なくないが、「企業は、困難な局面でどのように物事に取り組み、克服しようとしたかを知りたくて質問している。苦労話ではなく自分の良さが伝わる話をしよう」

【ポイント3】 面接は「コミュニケーション」 丸暗記で話すのはNG

面接では話す内容を事前に想定しておくことが必要だが、準備をしっかりしようと意気込むあまり「考えうる質問に対する答えを文章にし、一字一句を丸暗記する」人がいる。だが、これは面接対策として最もやってはいけないパターンと言っていい。

面接官は、学生と会話をすることで人となりを見ている。暗記した文章を間違いなく話そうとする人の姿からは、「どんな人なのか、活躍してくれそうか」を感じ取るのは難しい。

面接は、「覚えたことをテストする場」ではなく、人と人が会って話す「コミュニケーションの場」。話のキーワード、伝えたいポイントだけ頭に入れておき、相手の質問をよく聞いて、その場で自然に「会話のキャッチボール」をすることが大切だ。

なお、面接は慣れないと不安なもの。緊張すると、自分らしい会話ができないことも考えられる。「いきなり本命企業の面接を受けるのは避けたい。早い段階で、面接のリハーサルができるような企業も受けておいたほうがいい」

答えに詰まることもあるかもしれないが、社会人としてのコミュニケーション能力を見られていることを忘れずに。
「分からないことが合ってもメソメソせずに頑張って答えられるか、あるいは素直に

『調べていなくて申し訳ありません、教えていただけますか』『次回までに調べてきます。』と言えるかが大事。
posted by LAB508 at 10:18| 愛知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

ゼミ紹介

image.jpg
posted by LAB508 at 10:31| 愛知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

Microsoftクラウドサービス:OneDrive

image.jpg
image.jpg
引用先:こちらへ
posted by LAB508 at 18:56| 愛知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

企業において「統計学」が必要なわけ

posted by LAB508 at 19:10| 愛知 ☁| 講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

ゼミのテーマ:「Let's Enjoy パソコン!」

1年目:BLOG上でセレクトショップを開設します。またクラウドコンピュ−ティングを体験します。
2年目:マイクロソフト社Excelの「MOS」資格 取得に挑戦します。
3年目:Excelを活用して、アンケート分析、経営分析ができるようにします。卒業研究のテーマもアンケート分析、経営分析です。
3年間で、「コンピュータが得意」といえるような人になれるようにします。

ひらめきゼミ登録サイトへ http://form1.fc2.com/form/?id=441018ひらめき

(注)クラウドコンピュ−ティングとは、ネット上にソフトウェア(文書作成ソフト、表計算ソフト)やデータを構築し保存して、複数のユーザーで共有するシステムです。
そこに接続できる端末があれば、ユーザーは自分のソフトウェアやデータを持つことなく、同様のサービスを利用できる便利なシステムです。身近には、マイクロソフト社がFreeでサービスするスカイドライブがあります。利用してみてはいかがでしょうか?


 引用先:   http://www.iftc-svc.co.jp/keyword/CloudComputing.html


過去の卒研のテーマ一覧表==+>続きを読む
posted by LAB508 at 08:49| 講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑張るゼミ生の紹介(大学BLOGからの抜粋記事です。)

今日は経営学部 飯田先生の4年生ゼミをおじゃましました。

飯田ゼミは、毎年、情報系の有資格者を多数輩出する、有名ゼミ。

ゼミの活動をしているコンピュータ室をのぞくと、
まず先生の一言目は、
「うちの子はいい子ばっかりだよ〜。」
わが子のように学生たちをかわいがっていました★

その中でも「この学生を、ぜひ紹介して!」と言われ、
4年生の三橋くんに話を聞きました。(↓写真左が三橋くん、右が飯田先生)
[写真削除]
Mくんは大学2年の時に初級システムアドミニストレータの試験に合格。3年の時にファイナンシャルプランニングFPの試験に合格。他にも経営学検定MCAS(Microsoft Certified Application Specialist Excel部門[マイクロソフト認定 アプリケーション スペシャリスト])などの資格を取りました。

情報系の専門学校やスクールなどに通うこともなく、大学での授業と自習で合格したとのこと。
「興味を持ったら、もっと知りたくなって自分で勉強しただけです。授業での内容が、入り口になりました。」

そして今年の4月に「(株)ユーフィット」現在の社名はTISへの就職内定。
金融・公共・産業などあらゆる分野における、三菱UFJ系列の情報システムコンサルティングやソフトウェア開発などを行う会社だそうです。

「入学する前は、特にやりたいこともなかった。まさか、こんなに資格をとって情報システム企業に就職するとは、自分でも驚きです。」
[写真削除]
ゼミ内のほかの学生もみな、検定試験の勉強を熱心にかつ楽しみながらやっていました。
就職活動と並行して検定試験の勉強をつづける4年生でした。
posted by LAB508 at 00:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

統計学は最強の学問

image.jpg

大阪梅田駅、紀伊国屋書店にて。他のブログで投稿した合成写真も同店の展示物です。
posted by LAB508 at 18:28| 愛知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学歴別・性別生涯賃金比較

生涯賃金.GIF 
下段の( )の数値は、転職しないで一つの企業で働き続けた場合の生涯賃金
引用先:詳細はこちらへ
posted by LAB508 at 08:51| 愛知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

ようこそ、安城南高等学校の皆さんに

授業の内容はこちらから、確認してください。=>http://paso-iida.seesaa.net/

QRコードからもアクセスできます。スマホでも、観ることできます。
image.jpg
posted by LAB508 at 16:28| 愛知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

不確定性下の意思決定

5月19日開講第6回「現代社会と経営」の講義資料「不確定性下の意思決定」がダウンロードできます。こちらからどうぞ
ただしパスワードが必要です。必要な方は研究室に来てください。

 【リスクが判明している場合の意思決定原理】
1期待値原理: 利益の期待値の最大の戦略を選択
2最尤(さいゆう)未来原理: 最も起こりうる確率の高い戦略を選択
 【リスクが不明の場合の意思決定原理】
3ラプラスの原理: すべて同じ確率で起こると想定して選択
4ミニマックスの原理: 最悪の場合の利益が最大になるよう選択
5マクシマックスの原理: 選択に対して最善の場合が起こると想定して選択
6ミニマックス・リグレットの原理: リグレット(後悔)の度合いを基準に選択
posted by LAB508 at 19:21| 愛知 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする