@コンピュータ基礎2,3 Aビジネスデータ分析及び演習 B統計実務対策講座 CMCAS対策講座 D数学 E統計学 F経営情報システム G*コ・*レ*ジ寄附講座 H専門ゼミ IBLOG作成教室JPowerPoint入門 K就活支援・社会人基礎力Lコンピュータ活用法副読本MNPO大学活動報告

2015年09月21日

巫山戯て(ふざけて)、授業に臨むな!

「あなた達はなぜこの授業、ゼミを取ったのですか?」と質問して、「単位が取りやすそうだから」「ITスキルを身につけたいから」「一般教養として」「なんとなく」「魔が差した」などの選択肢の中から選ばせた。彼らは「単位が欲しかったから」「なんとなく面白そうだったから」とほとんどが答えたわけだけど、それでは困る。

「大学と言うのは単位を配る場ではない。単位はあくまでも目印である。教員はあなた達に知識を与え、考える能力をつけさせ、社会に出たときにそれを競争する道具として使えるようにする役割を持っている。あなた達の立場はお客さんであり、お金を払ってそうした能力をつけさせてもらう権利を持っている。だから、あなた達はきちんとこの授業を通じて、知識と、考える習慣を身に付けてもらいたい。

このうち、知識は今の世の中ならインターネットを探せばどこにでも転がっているものである。だから、どこにその知識が蓄積されているかを知っていて、その情報へのアクセス手段を身に付けていれば問題ない。しかし、「考えること」は違う。これは一度身に付ければ、生きていることそのものが全て訓練につながるが、そういう意識がなければ漫然と生きてしまい、貴重な機会を失うことになる。人生の初期の段階で「考えること」を身に付けた人とそうでない人の間には将来非常に大きな差が生じる。
だから、この授業、ゼミは(Excelを駆使して)「考えること」の訓練の場だと思って欲しい。
posted by LAB508 at 09:13| 愛知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする